【医院情報】高田馬場の歯科・小児歯科・歯科口腔外科 - みよし歯科

みよし歯科-MIYOSHI DENTAL OFFICE 美しい笑顔をクリエイト

院長プロフィール

院長:三好 眞知子
昭和52年 東京医科歯科大学 歯学部 卒業
昭和52年 東京医科歯科大学 歯学部 附属病院 勤務
昭和56年 国立病院医療センター 歯科口腔外科 勤務
平成02年 みよし歯科 開院

トップへ戻る

診療理念

「No stress, No pain(ノーストレス、ノーペイン)」を心がけています。
口腔内の健康を保つ秘訣は、本来の天然歯を予防・保存することだと考えています。
当院では、治療から予防まで、将来を見据えたトータルケアを行っております。
治療直後の状態が半永久的に続くことは残念ながらあり得ません。
何がどう劣化していくのにかには、いくつかのパターンと個人差があります。
そのため、当院では患者様お一人ひとりの口腔状態をしっかりと把握し
その時の状態にあった治療や予防を行えるように歯科衛生士担当制を取り入れています。
 
また、診療室はオープンスペースでひとつのフロアに診療ユニットを6台配置しています。
これは診療中の患者様の全ての状況を院長が把握できる環境で受診いただきたいという院長の考えによるものです。
完全個室タイプになるとプライバシーは守られますが、歯型を採っている際にむせたり
麻酔した患者さまの体調が急変したりというとき、対応の遅れが心配されるからです。
診療中の患者さまの変化を常に把握し、安心して処置を受けて頂けるよう努めております。
私達のモットーは「患者さま第一主義」です。
4つの約束

トップへ戻る

診療の流れ

初診でご来院の患者さまには、『来院の目的(1番気になる事柄)』をお伺いします。
状況を把握した後、歯・歯肉はもちろんの事、お口全体をスクリーニングする為、
必要があればレントゲン写真の撮影や歯周病の検査などを行います。
その結果、確認される疾患をご説明致します。

治療が必要と思われる箇所、今は経過観察で良いと思われる箇所を説明し、
治療する範囲を患者さまと相談しながら治療方針を決めていきます。

フロー

トップへ戻る